Jリーグ初の無観客試合によってどう変わることができるか

Jリーグ浦和レッズの一部サポーターが差別的横断幕を掲げたことで、Jリーグ初となる無観客試合処分が下されました。

サッカー界で度々差別というのが話題になりますが、やはりこの地球上住んでいるのはみな同じ人間なんですから、絶対に差別はあってはならないと思います。
今回の処分はかなり重いですが、やはりこれからのJリーグのためにも正しい処分だと私は思います。

そんな浦和レッズの選手で元日本代表の槙野選手は、特に今回の件について言及するなど熱心に考えてくれているなと感じました。
サポーターがいない無観客試合は当然いつもの熱い応援がありませんから、同じチームメンバーで前節退場になり出場できない森脇選手にスタンドからサポーターの分まで声をからすことを要求されたそうです。

やはりサッカーチームはサポーターの応援があってこそだと思いますから、無観客試合はせめてチーム内でも盛り上げようとする槙野選手の行動は素晴らしいと思います。
浦和レッズは日本を代表するビッグチームですから、今回の無観客試合によってサポーターもフェアプレー精神で今回のことを思ってくれればいいと思います。