ココイチのカレーが海外でも人気

日本のカレーチェーンとして有名なココイチが、続々と海外に出店して成功を収めています。
カレーというシンプルな料理ながら、万人受けする味は世界共通という認識さえ持ってしまいます。

カレーと一言で言っても、インドカレーやタイカレーなど各国で作り方が異なります。
ココイチのカレーは、完全に日本カレーとして作られているので、海外では日本料理として人気も高いのかもしれません。
タイなどではデートや商談などでも使われるそうで、日本とは若干違った目的で人気もあるようです。

しかしそれは味が好まれるから使われるわけで、決して値段や手軽さだけの結果ではないことの証明でもあります。
ココイチのカレーは、トッピングなども豊富な種類があり飽きずに通うこともできます。
値段も外食としては普通なので、回転の良いカレーは人気が出るのも頷けます。

気軽に食べれて間違いのない食べ物であるカレーを、ここまで人気にしたココイチの今後の業績がどこまで伸びるのか気になるところです。