「敬老の日」直撃の台風に花屋は泣いています

大型の台風18号が、16日の午前8時前に愛知県豊橋市の付近に上陸しました。豊橋とははるか数百キロも離れている私のところでも、朝から猛烈な風雨にみまわれています。
進路予想を見ると。これから東日本を縦断して三陸あたりで海に出るようです。台風はその東側でより大きな影響が出るといいますから、私のエリアは大変危険ということになるでしょう。
祝日なので、朝の通勤、通学に影響が出なかったことは不幸中の幸いですが、仕事によってはまともに影響を受けた人も少なくないはず。私もその1人です。

私は自営で花屋をやっています。花屋にとって「敬老の日」は大切な日。ギフトの花束や鉢花などの需要があるからです。それが、まさに台風直撃。最悪の天候になってしまいました。
早朝から店に出て準備をしていますが、この空模様ではお客様はほとんど期待できません。ギフト用にいつもより多い仕入れをしていますので、どうなってしまうか。半分あきらめの境地ながら、「台風が速度を上げて、予報より早く通り過ぎてしまえば、午後に少しお客様がいらっしゃるかも」という一縷の望みを持って仕事しています。