出産・育児の大変さと大切さを真剣に考えよう

子供を産み育てる、一見すると人間としては極普通の行為であり、人類が誕生してから連綿と行われてきたことですが、「非婚で産む」と言う選択をした母親達に対する世間の目は非常に厳しくあり、冷たくもあります。

もちろん、この「非婚で産む」事そのものに対する反応は、地域差がありますが、少なくとも日本では、積極的に受け入れられない風潮にあります。

先日、ある有名な女子スケート選手が非婚の状態で子供を出産し、世間を大いに騒がせましたが、私は、結婚をしたかしていないかの差で、ここまで大きな話題になるのは何故かと大いに疑問が湧きました。

子供を産み育てると言う行為は、一見すると楽しそうに見えても、親としての責任や苦労・悩みなどが付きまといます。

特に母親一人で子供を育て上げる事は、経済的な苦しさも抱える事になり、本当ならば産まない事も選択出来たのですが、あえて出産と言う命懸けの選択をしたのです。

特に最近では、多くの人が出産・育児に対する知識の浅さから出す、不見識な発言やコメントを多く見かけます。

少子高齢化が叫ばれて久しい日本ならば、世間はもっと出産・育児に対して真剣に考え、「非婚で産む選択」をした彼女達の気持ちを少しでも理解をするべきなのです。