まだまだ予断を許さない状態

国王杯で数字上では完勝したバルセロナですが、相手は下部リーグの格下チームでありそこそこの面子を揃えて挑んだ結果としては、今までのバルセロナを考えると全く良い結果とは言いがたいものがあります。

まず、相当な格下である相手に先制点を許している点も、今まででは考えられない様なお粗末さであります。得点ばかりに目が行く程の破壊力を持ったチームではありますが、そもそもバルセロナの真骨頂は堅守にあります。素早いプレスで相手にプレッシャーを掛けボールをロストさせるのが、全盛期のバルセロナでしたが今はあまりそういった激しいプレスが見られなくなった様に思います。

連敗中であった為、下部リーグのチーム相手とはいえ勝ったという事は良い事ではあります。これをキッカケにまた強いバルサが戻ってくるのであれば、言う事無しなのですが果たしてどうなる事でしょう。
メッシ抜きの状態は続きますが、それでも変わらない結果を残していた全盛期のバルサをもう一度観たいです。