政治家とはどうあるべきか?

みなさんはこの東国原という人の今までの一連の政治活動を見てきてどう思われますでしょうか。私は正直今回の国会議員を辞職するという行動を見てがっかりしました。

これまでの宮崎県知事を辞めて国家議員になるまではまだその行動に一定の理解をしていました。ですが、今回の国会議員を辞めるというのは、どう考えても辞める理由になっていないような気がします。

それとは別の思惑つまり、東京都知事選の事を視野に入れての行動のような気しかしません。
ですから、そのために現在の国会議員という地位をあっさり捨てようとするのはどう考えても国民のためにはなっていません。

結局この人はなんだかんだ言って自分が面白いと思える地位に就く事が目的で国民のために政治をやっているとは思えません。

そういうのが透けて見えるというのがこの人のダメな所のような気がします。
おそらく、他にもこういう考えを持った政治家はいると思います。

ですが、そういうのをうまく隠せるのも政治家には必要だと思います。