思想・言論弾圧をする野党たち

民主党などの野党らが、NHKの籾井会長の”"慰安婦”"に関する発言について、総務委で集中審議を行うよう要求したようだ。しかしこの報道を見た私にとっては、籾井会長の発言の何が問題なのか、いまいちはっきりしない。籾井会長は「あくまで個人として」と断ったうえで、慰安婦問題に関する事実を言っただけだ。放送法には一切違反していない。彼の発言を”"不適切だ!”"と批判する議員たちは、明確な根拠を示して、きちんと説明してもらいたい。

また民主党らは、小説家の百田尚樹、長谷川三千子両氏の言動に対しても問題視しており、籾井氏とあわせて参考人招致を求めている。民主党らは、百田尚樹氏の「南京大虐殺はなかった!」という発言が気にいらないようだが、もしも「南京大虐殺はあった!」と言っていたら、参考人招致を要求しないのだろうか?また長谷川三千子氏が、もしも「左翼活動家」を礼賛した追悼文を発表していたら、参考人招致を要求しないのだろうか?

普段は”"人権”"、”"思想・言論の自由”"を主張する野党議員たちが、保守系・右翼系の人物に対しては、こぞって思想・言論弾圧するのは、本当に気持ち悪い。すべての国民が、早くこの現実に気が付くべきだろう。