Jリーグ初の無観客試合によってどう変わることができるか

Jリーグ浦和レッズの一部サポーターが差別的横断幕を掲げたことで、Jリーグ初となる無観客試合処分が下されました。

サッカー界で度々差別というのが話題になりますが、やはりこの地球上住んでいるのはみな同じ人間なんですから、絶対に差別はあってはならないと思います。
今回の処分はかなり重いですが、やはりこれからのJリーグのためにも正しい処分だと私は思います。

そんな浦和レッズの選手で元日本代表の槙野選手は、特に今回の件について言及するなど熱心に考えてくれているなと感じました。
サポーターがいない無観客試合は当然いつもの熱い応援がありませんから、同じチームメンバーで前節退場になり出場できない森脇選手にスタンドからサポーターの分まで声をからすことを要求されたそうです。

やはりサッカーチームはサポーターの応援があってこそだと思いますから、無観客試合はせめてチーム内でも盛り上げようとする槙野選手の行動は素晴らしいと思います。
浦和レッズは日本を代表するビッグチームですから、今回の無観客試合によってサポーターもフェアプレー精神で今回のことを思ってくれればいいと思います。

日本の恥というべき事例

また浦和レッズが問題を起こした。しかも今回はJリーグだけの問題にならないかもしれない。それほど問題になる事例だったと思う。差別的用語の書かれた横断幕を掲げた問題は、浦和が大きな代償を払う形で決着するかもしれない。それは来週になる予定である。

この問題は先日行われた試合に置いて、「Japanese Only」と書かれた横断幕が掲げられたことから始まっている。これは日本人以外お断りという意味を持ち、事実上差別をしていることになる。こうしたことをJリーグは問題視しており、浦和側に厳しい制裁を与えることを示唆している

これは日本の恥としか言いようが無い。今やJリーグは世界的にも有名なサッカーリーグで、今年もフォルランのような素晴らしい選手がプレーしている。それなのにこの横断幕は、まるで日本人以外必要ないと言っている物である。掲げた本人は否定しているものの、明らかに意図しているものは差別的用語に過ぎない
浦和はこれまでにもサポーターの問題が相次いでおり、全く対策出来ないまま問題を繰り返したことになる。勝ち点の没収という最悪の事態も考えられるだけに、反省して体質を変えるべきだろう

他社も同様の被害でビットコインは使えない

 マウントゴックスでビットコインが突然使えなくなってしまったのは、サイバー攻撃を受けてしまい、ビットコイン全てを失ってしまったからだということでした。

 この問題が発覚した時に、同業他社は「これはマウントゴックスだけの問題であって他社は一切関係ないこと」と声明を発表していましたが、ビットコインをサイバー攻撃で失ったのはマウントゴックスだけではなく、他の数社でも被害があったことが発覚しました。

 これはマウントゴックスのシステムに問題があるだけではなく、明らかにビットコインのシステム全体に問題があるということです。これではどこの会社のビットコインを使っていても、いつ同様な被害があってもおかしくないので、もうビットコインは不安過ぎて使い物になりません。

 今はこのような問題はビットコインだけですが、他にも電子マネーはたくさん存在して、いつ同じような被害に遭うかわからないので、他の電子マネーも同じような事態にならないように何らかの対策を施してほしいです。